一人暮らしの物件の選び方!快適に暮らす条件とは?

リビングルーム


快適に過ごせる物件の選び方!!

一人暮らしを楽しくするには、物件選びで失敗しないことが大切です。

指を差す女性

失敗しない物件の選び方については、下記をお読みください。

一人暮らしの物件の選び方!女性も安心な物件の条件

本記事では、さらに詳しい物件の選び方についてご紹介します。

一人暮らしの物件選び、設備編

洗面所

バス・トイレは別か一緒かで一人暮らしの快適度が変わってきます。

筆者は、もちろんバス・トイレが別の物件をおすすめします。

また、洗面台が独立で設置されていると、さらに快適度がUPします。

台所のコンロ

最近はIHが流行っていますが、やはり料理はガスコンロがおすすめです。

また、最低でもガスコンロが2口付いている物件を選んでください。

物件によってはコンロを自分で設置しなければならない場合があるので、そのあたりも確認してください。

調理台

一人暮らしの物件の場合、調理スペースが極端に狭い物件もあるので、必ず確認してください。

自炊をするなら広い調理台が設置してある物件を選ぶことをおすすめします。

インターネット回線

物件まで光回線が来ているか、もしくはインターネット料金が家賃に含まれている場合もあります。

その物件でインターネット回線を契約したい場合、どうすれば良いかを事前に不動産屋か管理人に確認しておきましょう。

アンテナ端子の場所

一人暮らしのほとんどの人は、テレビを設置するでしょう。

テレビの位置はアンテナ端子の場所で決まります。

部屋のどこにアンテナ端子があるのか、確認しておきましょう。

洗濯機の設置場所

物件によっては、洗濯機がベランダに設置されている場合があります。

はっきり言って、洗濯機がベランダに設置されている物件を選ばない方が得策です。

雨の日の洗濯が大変ですし、冬は寒いし、洗濯機が壊れやすくなります。

契約アンペア値

物件のブレーカーを確認してみましょう。

快適に過ごすなら、最低でも20A以上の物件にしましょう。

このアンペア値が低いと、エアコンを使いながら電子レンジを使うとブレーカーが落ちるなんてことが発生するため、気をつけなければいけません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本記事では、物件の設備についてご紹介しました。

参考にしていただき、お気に入りの物件を選んでください!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Today’s PickUp

  1. サボテン
  2. コーヒー
  3. ボール型ランプ2
  4. ラグマットがあるインテリア
  5. アンティークインテリア
  6. 家の模型と間取り図

カスタム検索

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る