一人暮らしの間取り!社会人におすすめのレイアウト

家の模型と間取り図


一人暮らしの間取り一覧をご紹介します!

一人暮らしの部屋を選ぶときに大切なのは間取りです。

部屋の広さが同じでも、間取りが違うだけで住みやすさが変わります。

本記事では、一人暮らしの部屋のタイプをご紹介します。

部屋のタイプ

1R(ワンルーム)

1Rの間取り

出典元リンク

ワンルームはキッチンとリビングに仕切りがありません。

そのため、料理の臭いが部屋中に充満します。

家賃は安めに設定されていることが多いです。

1K(ワンケー)

1Kの間取り

出典元リンク

1Rと比べると、キッチンが独立しています。

これなら料理の臭いも気にならないため、一人暮らしの定番の間取りです。

ですが、1Rと比べると少しリビングが狭いです。

1DK(ワンディーケー)、1LDK(ワンエルディーケー)

1DKの間取り

出典元リンク

1LDKの間取り

出典元リンク

1DKと1LDKはDK(ダイニングキッチン)の大きさによって呼び方が変わります。

リビングが一つで、もうひとつの部屋が4.5帖以上8帖未満の場合は「DK」、8帖以上の場合は「LDK」と呼びます。

一人暮らしといえば、1Kが主流ですが、1DK、1LDKの間取りも人気です。

というのも、1DK、1LDKの方が収納スペースも豊富なので、生活しやすいからです。

また、リビングと寝室を分けることができるので、来客時に寝室を隠すことができるのでプライバシーを守ることができます。

ですが、家賃は1Kよりも高くなってしまうので、予算が厳しい人は1DKを選ぶと良いでしょう。

2K(ニケー)

2Kの間取り

出典元リンク

2つの部屋とキッチンがある間取りです。

上図のようにキッチンと風呂・トイレがキッチンと繋がっている間取りが多いです。

元々は和室と洋室もしくは、和室が2つの間取りがほとんどですが、最近は和室を洋室にリフォームしえ洋室が2つの間取りが増えています。

一人暮らしなので、1Kでも十分ですが、あえて2Kに住んで広い部屋を堪能するのもありですね!

まとめ

いかがでしょうか?

今回は一人暮らしの間取りをご紹介しました。

一概にどれが良いということは言えませんが、やはり社会人の筆者のおすすめは1DK、1LDKです。

収納スペースはあればあるだけ生活がしやすくなります。

もちろん、1R、1Kでも十分一人暮らしを楽しむことはできますので、各々の生活スタイルに合う間取りを選ばれてはいかがでしょうか。

Amazonの「おすすめ家具」関連はこちら!!

楽天ランキング「間取り」関連トップ5!!



Supported by 楽天ウェブサービス
楽天ツール・ラクポン


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Today’s PickUp

  1. サボテン
  2. コーヒー
  3. ボール型ランプ2
  4. ラグマットがあるインテリア
  5. アンティークインテリア
  6. 家の模型と間取り図

カスタム検索

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る