一人暮らしと部屋の広さ!好きな家具をレイアウト!

広い部屋


一人暮らしの部屋の広さについて!

一人暮らしをしていると、必ずと言っていいほど部屋の広さについて話題になります。

一般的に部屋が広いほうが、使えるスペースも増えますし、友達もたくさん呼べるし、部屋で筋トレやヨガといった運動もできちゃいます!

モデルルーム

実は筆者が住んでいる部屋は16畳のワンルームです!

上記で部屋が広い方が、メリットがたくさんあると書きましたが、部屋が広いことによるデメリットもあるんです!

筆者は、この広い部屋に長年住んでいるので、広い部屋に住むことのメリット・デメリットを身を持って経験しています。

本記事では、広い部屋に住むことのメリット・デメリットについてご紹介します。

一人暮らしで広い部屋に住む!

メリット

私が広い部屋に住むことで感じているメリットは以下です。

・部屋にいることの窮屈感が少ない

・自分が好きな家具を好きなところに配置できる

・部屋の片隅に筋トレエリアを作ることができる

・友達を大勢呼んでも狭くならない

1つ目の「部屋にいることの窮屈感が少ない」ですが、私は部屋にいるときも開放的な気持ちでいたいので、部屋が広いおかげて、ストレス無く生活できています。

2つ目の「自分が好きな家具を好きなところに配置できる」ですが、私はインテリアが大好きなので、これも嬉しい要素です。
家具を自分のセンスで配置したりするのは、一人暮らしの楽しみの1つですよね!

3つ目の「部屋の片隅に筋トレエリアを作ることができる」ですが、筋トレをするために器具を出し入れする手間が省けます。
面倒な片付けが不要になるので良いですよね。

4つ目の「友達を大勢呼んでも狭くならない」ですが、これは単純に部屋が広いので、たくさんの友達を呼んでも快適に過ごせます。

デメリット

さて、メリットを紹介してきましたが、デメリットもあるんです。

・家賃が高額

・部屋の掃除に時間がかかる

・気がついたら物が増えている

1つ目の「家賃が高額」ですが、当然部屋が広ければ、その分家賃が高くなります。

2つ目の「部屋の掃除に時間がかかる」ですが、床面積が広いので、その分掃除大変です。
そんなときは、お掃除ロボットに掃除してもらうのも良いかもしれませんね。

ルンバについては、下記記事を見てくださいね!

一人暮らしでワンルームの掃除はルンバがおすすめ!

3つ目の「気がついたら物が増えている」ですが、もしかしたらこれは私だけかもしれません。

スペースがあると、ついつい物を置いてしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一人暮らしの部屋が広いメリット、デメリットについてご紹介しました。

私の場合は広い部屋にしてよかったと感じていますが、人によっては少し狭い部屋のほうが良いという人もいるでしょう。

広い部屋に住むには、お金がかかりますし、部屋の状態を維持管理する能力が求められます。

今回紹介したメリット、デメリットを比較して、お気に入りの部屋を見つけてくださいね!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Today’s PickUp

  1. サボテン
  2. コーヒー
  3. ボール型ランプ2
  4. ラグマットがあるインテリア
  5. アンティークインテリア
  6. 家の模型と間取り図

カスタム検索

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る