一人暮らしのレイアウト!7畳部屋でロフトを選ぶメリット

喜ぶ外国人男性


一人暮らしのレイアウトとロフト

ロフト付きのレイアウトに住んでいる一人暮らしの方も多いと思います。

また、これからロフト付き物件に住む方もいると思います。

一人暮らしのレイアウト!7畳部屋でロフトを選ぶメリット

ロフト付き物件を最大限に活用している人も多いですが、人によっては上手に使えていない場合も多いと思います。

本記事では、実際にロフト付きのレイアウトを選ぶメリットについてご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

ロフト付きレイアウトを選ぶメリット

1.収納場所にできる

例えば、7畳の間取りの部屋に住むことになった場合、おそらく収納が少ないことに困ることでしょう。

でも、ロフトを収納スペースとして使うことで、生活空間を有効に使うことができます。

2.寝室にできる

ロフトを寝室にすると、生活にメリハリが付きます。

寝室と生活空間を分けることで気持ちよく眠ることができるでしょう。

3.隠れ家として使える

ロフトは使い方が決められていないので、何に使ってもOKです。

収納場所として使っても良いですし、寝室にしてもOK、もしくは趣味の部屋にするのもありですね。

4.狭い部屋でも広く見える

ロフトがある=天井が高いので、たとえ7畳のような狭い間取りでも、部屋を広く見せることができます。

ロフトがあるレイアウトの場合、吹き抜けのような開放感があるお部屋でしょう。

ロフト付きの部屋のレイアウト10例!

ここからは、ロフト付きの部屋のレイアウトをご紹介します。

ロフトのレイアウト例20

出典元リンク

ロフトのレイアウト例19

出典元リンク

ロフトのレイアウト例18

出典元リンク

ロフトのレイアウト例17

出典元リンク

ロフトのレイアウト例16

出典元リンク

ロフトのレイアウト例15

出典元リンク

ロフトのレイアウト例14

出典元リンク

ロフトのレイアウト例13

出典元リンク

ロフトのレイアウト例12

出典元リンク

ロフトのレイアウト例11

出典元リンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、一人暮らしでロフト付きのレイアウトを選ぶメリットについてご紹介しました。

ぜひ参考にしてくださいね!

楽天ランキング「ロフト」関連トップ5!!












関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Today’s PickUp

  1. サボテン
  2. コーヒー
  3. ボール型ランプ2
  4. ラグマットがあるインテリア
  5. アンティークインテリア
  6. 家の模型と間取り図

カスタム検索

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る