一人暮らしと1LDKのレイアウト!1LDKは贅沢?

1LDKの間取りのリビング


一人暮らしの1LDKで気を付けたいこと

一人暮らしの物件探しをしていると、「1LDK」が非常に人気が高い間取りであることがわかるでしょう。

注意点

家賃を低く抑えたいなら、1LDKを避けてワンルームや1K,1DKを選ぶべきですが、1LDKと聞くと、贅沢にも住みたい気持ちになりますよね!

本記事では、一人暮らしで1LDKの間取りを選ぶ際に気を付けるべきことについてご紹介します。

部屋を選んでから、やっぱり他の間取りにしておけばよかった、とならないように参考にしていただけたらと思います。

部屋の間取り

1LDKとは、リビング、ダイニング、キッチンとその他に一部屋がある間取りです。

食事をする場所とリビングが同じ部屋なので、一つ大きい部屋があって、寝室用に一部屋ある感じです。

部屋によっては、カウンターキッチンになっている場合があるので、おしゃれで使いやすい部屋ですね。

そもそも何人暮らし向き?

1LDKは一人暮らしで住むには十分な広さの物件です。

1LDKで二人暮らしをする人もいるため、とても人気の間取りになっています。

二人暮らしの場合、部屋が二つしかないので、プライベートな時間を大切にしたい人には不向きでしょう。

いつも一緒に居たい人にとってはおすすめの物件ですが、二人暮らしの場合は、もう一部屋ある間取りの物件がおすすめです。

一人暮らしで1LDKに住む場合、寝室を別の部屋にすることができるので、広さも十分でとても快適に過ごすことができます。

1LDKの場合、間取りによってはキッチンがリビングから丸見えなので、友達が遊びに来たりしたときに見えて嫌な人は、常に綺麗にしておくことをおすすめします。

実際に1LDKを選ぶとき

1LDKと聞くと、広い部屋を想像し、物件を自分で確認せずに決めてしまう人もいるかもしれませんが、実際に選ぶときは自分の目で物件を確認することをおすすめします。

というのも、人によっては1LDKでは使い勝手が悪いと考え、更にもう一部屋を追加した2DKの間取りに変更する人もいるからです。

また、実際に物件を見ていただけばわかりますが、一概に1LDKと言っても、部屋の広さの割合は物件によって様々です。

実際に私が物件探しで部屋を見たとき、寝室部屋が狭すぎて使い物にならない物件に出会ったことがあります。

家賃は予算以内か?

やはり、1LDKは人気の間取りのため、家賃が高いです。

その家賃に見合うお部屋であることは事実ですが、現実的に余裕を持って家賃の支払いができなければ、無理して借りることはおすすめしません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本記事では、一人暮らしで1LDKを選ぶ時に注意すべきことをご紹介しました。

一人暮らしで1LDKは贅沢ではありませんが、家賃が高くなるのは事実です。

詳細は下記の通りです。

一人暮らしで1LDKの間取りは、

・1LDKは一人で住むには十分な広さで快適
・キッチンは常に綺麗にしておく
・選ぶときは自分の目で確認して、使い方をイメージしてみる
・予算を確認して、無理が無いようする

これらに注意して、楽しい一人暮らしを実現させましょう!

楽天ランキング「家具 インテリア」関連トップ5!!



Supported by 楽天ウェブサービス
楽天ツール・ラクポン


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Today’s PickUp

  1. サボテン
  2. コーヒー
  3. ボール型ランプ2
  4. ラグマットがあるインテリア
  5. アンティークインテリア
  6. 家の模型と間取り図

カスタム検索

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る