一人暮らしの8畳レイアウト!広く見せる家具の配置例!

おしゃれなレイアウト


8畳の部屋を広く見せるレイアウト!

8畳の部屋は、お世辞にも広いとは言えません。

1K8畳のリビング

出典元リンク

狭い部屋を広く見せるテクニックとして有名なのが、部屋の手前に背の高い家具を置いて、部屋の奥に向かって背の低い家具を配置するという方法です。

これは、背の低い家具を奥に置くことで、立体感・奥行きが出るため、8畳のような狭い部屋でも広く感じることができます。

そして、8畳の広さがあれば、ベッドとソファーを部屋に設置することもできるでしょう。

大物家具の両端に物を置かない!

山善(YAMAZEN) テレビ台 幅120 ハイタイプ ダークブラウン CTVR-1312(JB)

次にご紹介するのは、部屋の角に物を置かないというやり方です。

大きい家具を部屋に置くとき、あえてその両端に物を置かないことで空間が生まれ、ゆったりとした配置になります。

背の低い家具を設置する

山善(YAMAZEN) コンセント付パソコンデスク(幅110奥45ロータイプ) ダークブラウン MCPE-1145S(DBR/BR)

背の低い家具で揃えるテクニックです。

ロータイプの家具を設置すると、家具の圧迫感が軽減され、部屋を広く見せることができます。

また、家具の移動も簡単なので、お部屋の模様替えも気軽にできるのでおすすめです。

ロータイプのソファーとベッドを設置すれば、よりリラックスしたお部屋を作ることができます。

コンパクトな家具を選ぶ

コンパクト省スペース 収納付きテーブル(収納ケース付属) 【プリエ】 テレビ台 ナチュラル色

狭い部屋を機能的にするには、コンパクトな家具を選ぶことが大切です。

例えば、作業机は、奥行が狭いタイプを選ぶ、こたつはできるだけ小さいサイズを選ぶなど、コンパクトタイプを選ぶことで、家具一つ一つのサイズを小さくできるので、空間を有効活用できます。

その方が掃除も楽になるので、おすすめですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、8畳のような狭い間取りの部屋を広く見せる方法についてご紹介しました。

方法をおさらいします。

・大物家具の両端に物を置かない!
・背の低い家具を設置する
・コンパクトな家具を選ぶ

参考にしていただき、狭くても広い部屋を作りましょう!

楽天ランキング「一人暮らし 家具」関連トップ5!!

Supported by 楽天ウェブサービス
楽天ツール・ラクポン


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Today’s PickUp

  1. サボテン
  2. コーヒー
  3. ボール型ランプ2
  4. ラグマットがあるインテリア
  5. アンティークインテリア
  6. 家の模型と間取り図

カスタム検索

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る