一人暮らしの大学生は住民票をどうする?メリットとデメリット!

書類を見て悩む男性


一人暮らしの大学生は住民票をどうすべき?

大学生になれば、実家とは違う他県に住む場合も多いのではないでしょうか?

そんな時、住民票を引越し先の県に移すか否か、悩まれた経験はありませんか?

住民票

住民票を移すメリット、デメリット

本記事では、大学生が引っ越先に住民票を移す時のメリット、デメリットについてご紹介します。

メリット

・自動車運転免許の試験を引越し先の県で受けることができる

・住んでいる場所の選挙権が得られる(20歳になったら)

デメリット

・国民年金の手続き資料が引越し先の住所に届くようになる

・学生は収入が無いため、住民税の非課税の手続きが必要となる

・地元の成人式の案内が来ない場合がある

考察

まず、自動車運転免許ですが、本試験は住んでいる県内で受けることができます。

自動車運転免許の試験のために、実家に帰ってくる必要が無いので、実家と一人暮らししている県があまりに遠い場合は、住民票を移した方が楽かもしれません。

大学卒業後も、現在一人暮らししている県や市に住む予定なら、住民票を移して選挙に行くのもありかと考えています。

20歳の大学生から選挙に参加するのは良い事です。

国民年金の支払いはクレジットカードでできるので、問題ありません。

ですが、公的書類は自分で処理しないといけないので、少し面倒です。

昔の成人式は、現在住んでいる市町村から成人式の案内が来たようですが、最近の成人式は住民票がなくても参加できるそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本記事の内容をまとめると、大学卒業後も今と同じ県や市町村に住む予定があれば、住民票を移すことをおすすめします。

大学卒業後に他県に行く場合は、大学生の期間は住民票を移動させなくても良いと考えます。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Today’s PickUp

  1. サボテン
  2. コーヒー
  3. ボール型ランプ2
  4. ラグマットがあるインテリア
  5. アンティークインテリア
  6. 家の模型と間取り図

カスタム検索

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る