一人暮らしと不動産屋!選び方のコツと注意店は?



不動産屋の選び方と注意点!!

一人暮らしを始めることに決まったら、部屋を探さなければいけません。

でもその前に、不動産屋を決める必要があります。

街の風景

初めて一人暮らしをする人はわからない方もいるかもしれませんが、そもそも賃貸物件を管理しているのは、不動産屋であり、私たちは不動産屋い行き、不動産屋に部屋を紹介してもらってその部屋が気に入れば契約をします。

不動産屋にはどんな種類があるか?

大きく分けて、不動産屋は大手の不動産屋(テレビのCMでやっているような会社)古くから地元で営業している小さな不動産屋の二つに分けられます。

地元の不動産屋について

地元の小さい不動産屋は、売買と賃貸の業務を兼業でやっているケースが多いです。

そのため、売買が基本の仕事で賃貸はオマケ程度しか取り扱っていない場合が多いです。

ですが、これも不動産屋によって異なります。
地元の不動産屋は、これから住み始める町の情報について詳しい場合が多いですし、大家さんと親しい場合が多いので、条件が良い部屋を大家さんから教えてもらうこともできるかもしれません。

場合によっては家賃交渉もできるかもしれません。

大手の不動産屋について

説明するまでも無く、最近はテレビCMで何度も放映されています。

大手の不動産屋の特徴として、店内が明るくて入りやすいということが挙げられます。

また、営業担当によりますが、強引に契約に持っていくのが上手です。
相手のペースに乗せられないように気を付けてください。

1契約を取ることに一生懸命に動いてくれるので、多少の家賃交渉などに応じてくれる可能が高いです。

大切なこと

地元の不動産屋と大手の不動産屋についてご紹介しましたが、絶対にどちらが良いということはありません。

大切なのは、そこで働いている人が自分に合うか否かです。

そして、仕事ができる営業マンに出会えることが大切です。
これには運も必要ですが・・・

物件選びの際に実際に部屋を見せてもらうことがあると思いますが、「部屋を見る=契約しなければいけない」ということではありませんので、自分の気が済むまで物件を見てください。

私の場合、10件以上の物件を見て回りました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は不動産屋の種類と選び方や注意点についてご紹介しました。

参考にしていただき、良い部屋を見つけてくださいね!


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Today’s PickUp

  1. サボテン
  2. コーヒー
  3. ボール型ランプ2
  4. ラグマットがあるインテリア
  5. アンティークインテリア
  6. 家の模型と間取り図

カスタム検索

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る