一人暮らしでハムスターを飼う!夏・冬の対策は?

ハムスター2


ハムスターの飼い方!

筆者の一人暮らし歴は6年になりますが、一人暮らしの期間が長いと寂しさを感じる日もあります。
そんな日が続き、ペットを飼って癒されたい!!と思うようになってきました。。。
本記事は、一人暮らしでも飼えるペットについてご紹介します。

ハムスター1

一人暮らしでおすすめのペットは、ハムスター!!

ペットといえば、犬や猫が定番です。
でも、一人暮らしの場合、犬や猫のような大型のペットを飼うのは難しいですよね。
社会人の場合、なおさら難しいですよね。

犬・猫が一人暮らしに不向きな理由

・犬は吠える、猫は壁を引っかく
・犬や猫を飼える物件がほとんどない
・毎日世話をする必要がある
・散歩しなければいけない などなど・・・

そこで、筆者がオススメするのはハムスターです。
というのも、筆者は小学生の頃にハムスターを飼っていたので、ハムスターの飼い方を知っています。

ハムスターが一人暮らしに最適な理由

・犬のように吠えたりしないので、騒音の心配がない
・飼育スペースが小さい
・こまめに世話をすればほぼ無臭
・トイレを覚えられるため、掃除が簡単
・お金があまりかからない(1ヶ月で1000円~2000円程度)

ハムスターの基礎知識

販売価格

ペットショップでハムスターを買うことができます。
1匹あたり500円~2000円で売られています。
ハムスターにも種類があるため、種類によって金額が違います。

寿命

ハムスターの寿命は種類によって変わります。
平均寿命は1年~2年です。
私の経験では、2年程度で死んでしまうケースがほとんどでしたが、最長で4年生きたハムスターもいました。
雑誌に書かれていましたが、8年生きたハムスターもいるようです。

種類

ハムスターの種類は下記に詳しく書かれています。
ハムスターの種類によって性格や特徴が異なります。

ペットショップのコジマ:http://pets-kojima.com/library/zukan_small/kind/

ハムスターを飼うときに必要なもの

ハムスターを飼うと決めたら、これから紹介するものを買ってください。
ペットショップで買うことができますし、インターネットで買っても良いですね。

1.ゲージ

ゲージ

出典元リンク

ハムスターは環境の温度変化に弱いため、住居の環境によっては、夏と冬でゲージを変えることをおすすめします。

・夏用のゲージ

インターネットで探してみると、2000円程度で買えるようです。
最近は種類が豊富で、デザインにこだわったケースがありますね。
お部屋のインテリアに合わせて、お気に入りのゲージを買ってください!!

・冬用のゲージ

冬ゲージ

出典元リンク

寒い地域でハムスターを飼う場合は、衣装ケースで飼うことをおすすめします。
ハムスターの快適な温度は20℃くらいとされています。
ホームセンターで1000円程度で購入できます。

2.小動物用のヒーター(寒冷地のみ)

ヒーター

出典元リンク

ペットショップ、インターネットで1000円~2000円で買えます。
冬用ゲージでも寒い場合、小動物用のヒーターを使って温度を調整してください。
ただし、暑すぎてもよくないので、取扱い説明書をよく読んで使ってくださいね。

3.巣箱

巣箱

出典元リンク

ペットショップ、インターネットで500円程度で買えます。
巣箱は人間でいうベッドになるので、ハムスターがゆったりできるサイズを選ぶことが大切です。

4.回し車

回し車

出典元リンク

ペットショップ、インターネットで1000円程度で買えます。
ハムスターの運動器具です。
ハムスターは夜行性なので、夜に回し車で運動します。
ハムスターのサイズに合った回し車を探してくださいね。

5.トイレ容器・トイレ砂

ハムスターのトイレ

出典元リンク

トイレ容器はペットショップ、インターネットで500円~1000円で買えます。
トイレ砂は1袋300円程度です。
ハムスターは小のみトイレを覚えます。
傾向として、ゲージ四隅のどこかにおしっこをする場合が多かったです。
おしっこをした場所にトイレを置いてあげる、スムーズにトイレを覚えてくれます。
おしっこをすると砂が固まるタイプを選ぶと、世話が楽になるのでおすすめです。

6.給水ボトル

給水ボトル

出典元リンク

ペットショップ、インターネットで500円~1000円で買えます。
水がこぼれるとハムスターが冷えて、最悪の場合、死んでしまいます。
犬や猫のようにお皿を使うのではなく、必ず給水ボトルを使ってください。
給水ボトルに手を添えて水を飲む姿は本当にかわいいですよ。
水は毎日新しいものに変えてください。

7.エサ入れ

エサ入れ

出典元リンク

ペットショップ、インターネットで500円~1000円で買えます。
プラスチックタイプは水洗いができるのでおすすめです。

8.エサ

ハムスターの餌

出典元リンク

ペットショップ、インターネットで500円~1000円で買えます。
ハムスターの餌といえば、ヒマワリの種ですが、実はヒマワリの種は脂質が多く含まれるため、あげすぎは禁物です。
ヒマワリの種だけでなく、ペレットやミックスフードを一緒にあげましょう。
ハムスターも人間と同じで、餌の好き嫌いがありますので、最初はいろいろな餌を試すと良いでしょう。
生野菜も食べますので、たまにあげると良いでしょう。

9.床材

ハムスターの床材

出典元リンク

ペットショップ、インターネットで500円~1000円で買えます。
ゲージの床一面に敷き詰めてください。
月に1~2回、床材の入れ替えをし、ゲージ内を清潔に保つことが大切です。

まとめ

いかがでしたか?
ハムスターを飼うためのノウハウをご紹介しました。
この記事を読んでハムスターを飼いたいと思ったそこのあなた!!
一度ペットショップに足を運んでみてはいかがでしょうか?

楽天ランキング「ハムスター」関連トップ5!!



 

Supported by 楽天ウェブサービス
楽天ツール・ラクポン


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Today’s PickUp

  1. サボテン
  2. コーヒー
  3. ボール型ランプ2
  4. ラグマットがあるインテリア
  5. アンティークインテリア
  6. 家の模型と間取り図

カスタム検索

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る