一人暮らしのペットはフェレット!臭いは?飼い方は?



一人暮らしのペットにフェレット!

一人暮らしって実は結構寂しかったりします。
特に実家暮らしになれている人は、一人だけの時間が長すぎると寂しくなってしまうことでしょう。
そうなると、ペットを飼って寂しい気持ちを和らげたいと思うのでは?

フェレット

出典元リンク

そこで今回おすすめしたいのが、フェレットです。
実はフェレットは一人暮らしのペットとして人気があるんです!

本記事では、フェレットが一人暮らしのペットに向いている理由や、メリット・デメリットについてご紹介します。

そもそもフェレットとは?

フェレットとは、イタチ科の生き物で肉食です。
サイズは、40~50cm程です。
寿命は6~8年と言われています。

一人暮らしに適している理由とメリット

鳴き声が小さい

フェレットは基本的に鳴きません。
もし鳴いたとしても、鳴き声がとても小さいです。
犬のようにワンワン吠えることがないので、近所迷惑の心配がありません。

飼育スペースが狭くて良い

フェレットのサイズは、40~50cmと小さい生き物です。
よって、飼育スペースも少しで済みます。
一人暮らしの場合、部屋がそれほど広くないので、飼育スペースが狭くてよいと助かります。

手間がかからない

フェレットは1日の大半を寝て過ごします。
もちろん餌や水をあげたり、トイレの掃除をしなければいけませんが、それほど手間はかかりません。

散歩しなくてよい

基本的に部屋の外に出す必要がありません。
よって、犬のように散歩させる必要もありません。

デメリット

臭いが強い

フェレットは臭いが少ないと言われますが、実際は多少臭いがあります。
ワンルームや1Kでフェレットを飼う場合、多少の臭いは我慢しましょう。
耐えられない方は、空気清浄機を使うと臭いが気にならなくなります。

室温管理が必要

フェレットの適温は24~26℃と言われています。
夏と冬のエアコンは欠かせません。
28℃を超えると、生命の危機にさらされてしまうので、注意が必要です。

お金がかかる

フェレットはお金がかかる生き物です。
餌代、病院代、エアコン代とフェレットの一生にかかるお金は、軽自動車1台分のお金がかかると言われています。

病気にかかりやすい

4歳を超えたあたりから病気になるフェレットが多いようです。
人間と同じで、年を取ればそれだけ弱ってくるということですね。
様子がおかしかったら、病院に連れていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
フェレットを飼うにはお金がかかりますが、それ以上に可愛いですよ。
一人暮らしでペットを飼いたい方は、一度検討してみてはいかがでしょうか?

楽天ランキング「フェレット」関連トップ5!!


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Today’s PickUp

  1. サボテン
  2. コーヒー
  3. ボール型ランプ2
  4. ラグマットがあるインテリア
  5. アンティークインテリア
  6. 家の模型と間取り図

カスタム検索

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る