一人暮らしの費用!大学生の生活費用の平均金額を紹介

大学生の仲間たち


大学生の生活費はどれくらい?

大学生になれば、親元を離れて悠々自適な一人暮らしを送りたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで気にしなければいけないのが、生活費です。

落ち込む大学生

生活費は生活の質に影響しますので、しっかりと考える必要あります。

本記事では、大学生の生活費についてご紹介します。

学生生活調査

(独)日本学生支援機構の「平成24年度学生生活調査」によると、年間の生活費は約110万円になります。
単純に月平均すると、1ヶ月9万円が生活費になります。

生活費の内訳

生活費の内訳は以下の通りです。

食費:2万円
住居・光熱費:4万円
保健衛生費:0.4万円
娯楽:1.2万円
その他:1.5万円

生活費を十分に確保するには

生活費を確保するには、収入を増やすか節約するしかありません。
大学生の場合、本業があるため収入を増やすことは難しいかもしれません。

上記を見ると、家賃+光熱費で4万円です。
節約のポイントは、家賃が安い物件に住むことですが、光熱費込みで4万円の物件は簡単に見つかりません。

見つかったとしても、住居環境は劣悪でしょう。

節約のために、友人とルームシェアして暮らしている人もいるようです。

次に食費です。
食費は1日700円の計算になるため、外食はほとんどできません。
バイトをする場合は、賄いがあるバイトを選べば食費を節約できるのでおすすめです。

娯楽、その他は、人によって異なります。
大学時代は時間があるため、趣味に時間とお金をかけるということはとても大切です。
ここは我慢しすぎず、出来る範囲で節約しましょう。

また、この欄にインターネット料金も含まれています。
最近はMVNOが普及しているので、これらを駆使して通信費の節約が可能です。

奨学金を有効に使う

奨学金を受給する学生が年々増えています。
初学金は借金になるので賛否両論ありますが、筆者は奨学金賛成派です。
お金が無いために行きたいところに行けなかったり、やりたいことをやれなかったりすると、チャンスを逃したことになります。
チャンスを逃すことは大変もったないことです。

そうならないためにも、奨学金を有効活用し、たくさん経験をして人間として成長するためにも活用すべきと考えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学生の一人暮らしの費用は結構かかります。

ぜひ工夫して楽しい一人暮らしを!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Today’s PickUp

  1. サボテン
  2. コーヒー
  3. ボール型ランプ2
  4. ラグマットがあるインテリア
  5. アンティークインテリア
  6. 家の模型と間取り図

カスタム検索

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る