一人暮らしと食費、食事!節約のヒントは自炊と外食

健康的な食事


一人暮らしで食費を節約するには!

一人暮らしで節約しようと思ったら、光熱費を節約しようと考える人が多いのですが、実は食費を節約した方が結果が出やすいことをご存知でしょうか?
というのも、実は食費ってけっこうかかっています。

一人暮らしの食費平均金額

家計簿

平成21年全国消費実態調査によると、一人暮らしの食費平均金額は約3,8000円/1ヶ月です。
この金額は、会社の飲み会が多い社会人なども含まれているので、一般的には30,000円/1ヶ月以下と言われています。

30,000円/1ヶ月以下を目標に節約していきましょう。

節約方法

月々の食費を安くするには、外食の回数を減らし、できる限りコンビニで買い物をせずにスーパーを利用する、そして自炊することが大切です。
自炊を始めたばかりだと勝手がわからず、せっかく買った食材を余らせて捨てることになったり、高額な食材を買ったりしてしまいます。
最初から完璧に出来る人はいないので、失敗にめげず継続してやり続けることが大切です。

1.ご飯を炊く

これは一番簡単な方法です。
コンビニ弁当が多い人は、ご飯を炊くことから始めてみてはいかがでしょうか?
ご飯を自分で炊いて、おかずはスーパーのタイムセールで買う。
忙しい社会人は、仕事帰りに閉店間際のスーパーでおかずを買って帰りましょう。
スーパーの閉店間際は売れ残り品が安く手に入ります。

これを実践するだけで3,000円/1ヶ月の節約が可能です。

2.水筒を持参する

会社や遊びに行った先で必ず必要になるのが飲み物です。
ついつい自動販売機やコンビニで買ってしまいます。
たまに買うくらいなら良いのですが、毎回自動販売機やコンビニで買っていると、結構お金がかかります。
なので、自分でお茶を作って水筒に入れて持参しましょう。
容器に水とティーバッグを入れておくだけでお茶が作れます。

これを実践するだけで5,000円/1ヶ月の節約が可能です。

3.おかずを作る

ご飯を炊くことに慣れてきたら、次はおかずを自分で作ってみましょう。
ここでいうおかずとは、主菜のことです。
肉や魚をそのまま焼くのが手っ取り早くておすすめです。
安い時に大量に買ってきて、余りを冷凍保存しておくと買い物に行く回数も減るので便利です。
ご飯と主菜だけではさみしいので、副菜も揃えましょう。
乾き物、納豆、卵などは長期保存ができるので、これらを常備しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
食費の節約方法は意外と身近なところにあります。
あまり無理をするとせっかくの楽しい一人暮らしが窮屈なものになってしまうので、まずは簡単にできそうなことから始めることをおすすめします。
要領がわかってくると、習慣になるので意識しなくてもできるようになります。
ぜひやってみてくださいね!

楽天ランキング「食費」関連トップ5!!



Supported by 楽天ウェブサービス
楽天ツール・ラクポン


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Today’s PickUp

  1. サボテン
  2. コーヒー
  3. ボール型ランプ2
  4. ラグマットがあるインテリア
  5. アンティークインテリア
  6. 家の模型と間取り図

カスタム検索

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る