一人暮らしの女性に!賃貸物件の選び方と防犯!!



一人暮らしの女性が気をつけること

女性の一人暮らしは何かとお部屋選びが大変です。
一人暮らしが始めてなので心配だったり、近隣トラブルに巻き込まれたらどうしょうとか、セキュリティーは大丈夫?など、いろいろと不安になるのでは?

悩む女性

本記事では、一人暮らしの女性に賃貸物件を選ぶときの注意点をご紹介します。

女性が賃貸物件を選ぶ時の注意点

1.セキュリティー

一人暮らしをする女性が一番気をつけなければならないのは、セキュリティーです。
賃貸物件に欲しい機能としては、カメラ付きインターホンやオートロックです。
また、大家さんが敷地内に住んでいる物件もおすすめです。
何か困ったことが起こったら、すぐに相談できるので、親御さんも安心です。

オートロックは便利ですが、うっかり鍵を部屋に置いたまま外に出ると、鍵が閉まってしまうので、気をつけてくださいね。

2.駅から近い物件

どれだけ遠くても駅から徒歩10分以内の物件にしましょう。
実際に自分の足で歩いて確認することが大切です。
実際に歩くことで周辺の様子がわかるのでおすすめです。

仕事や遊んだりして帰るのが夜になることもあるので、一人になる時間が少なくなるように心がけてください。

3.バスとトイレが別の物件

ユニットバスの方が家賃が安い場合がほとんどですが、やはりバスとトイレは別の方が楽チンです。
お化粧をしたりするので、洗面所が独立していて、脱衣所も付いていれば、もっと暮らしやすいですね。

4.キッチンが広いこと

一人暮らしなので自炊することもあるでしょう。
特に女性は料理することも多いのでは?
キッチンは広い方が作業がしやすいのでおすすめです。
コンロも最低2口以上欲しいですね。

5.都市ガス物件を選ぶ

ガスは2種類あります。
プロパンガスと都市ガスです。
プロパンガスと都市ガスで月々の料金が約2倍違います。
都市ガスの方が圧倒的に安いです。
地域によっては、都市ガス物件が密集している場所があるので、探してみてくださいね。

6.洗濯機の設置場所はもちろん屋内

最近の物件なら、洗濯機の設置場所は屋内なので問題ありません。
古い物件の場合、洗濯機がベランダに設置されている場合があります。
夏は暖かいので良いのですが、冬は寒くてやってられません。
また、洗濯機が早く傷んでしまいます。

女性の場合、下着を部屋に干す場合もあると思うので、洗濯機が屋内に置ける物件を選びましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
女性の一人暮らしで最も気をつけなければならないのはセキュリティーです。
セキュリティーが完備された物件を選んで、一人暮らしを満喫してください!

楽天ランキング「女性 賃貸」関連トップ5!!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Today’s PickUp

  1. サボテン
  2. コーヒー
  3. ボール型ランプ2
  4. ラグマットがあるインテリア
  5. アンティークインテリア
  6. 家の模型と間取り図

カスタム検索

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る